できるビジネスマンが
インプットしている情報とは?

商売・ビジネスは無差別級です。逆転なんて簡単なんですよ!

「できるビジネスマン」と「できないビジネスマン」には様々な「違い」があります。

では、その「違い」を埋めるためにはどうすればいいのか?

そのためには、優劣の原因となっている「違い」を生み出す「違い」に焦点を充てる必要があります

「できるビジネスマン」と「普通のビジネスマン」には多くの「違い」がありますが、そもそもそれらを生み出している「違い」は1つだけなのです。

では、その「違いを生み出す違い」とは何か?それは、インプットする情報です。

食べ物と同じですね。「健康な人」は健康に良い物を食べています。「不健康な人」はジャンクフードばかり食べています。

子供の頃からどうでもいい情報ばかり親にインプットされた人は、20歳になった時、どこにでもいる普通の人になっています。

子供の頃から経営者に必要な知識を親にインプットされ続けた人は、20歳になったら会社を経営しています。

結局、脳にどんな情報をインストールするかで、その後の人生が決まってしまうんですね。

だから、できるビジネスマンはインプットする情報を厳選します。

みんながFacebookをやっているからって、すぐにFacebookを始めるようなことはしません。そこの情報に価値があればやるし、なければ始めたとしてもすぐに辞めます。

そして、多くのできるビジネスマンはライバルと差別化するために、数誌のビジネス雑誌を定期購読しています。

できるビジネスマンは忙しいですし、ムダな時間の使い方は一切しないので、わざわざ毎週のように書店にビジネス雑誌を買いに行くようなことはしません。

毎週のようにAmazonでポチッと購入ボタンを押すようなこともしません。

自動で手元に届くようにシステム化します。だから、定期購読なんですね。

というわけで、できるビジネスマンが読んでいるビジネス雑誌をランキング形式で紹介します。

当サイトで紹介するビジネス雑誌を1誌でもいいので定期購読すれば、今は負けていても数ヶ月後にはライバルを簡単に逆転できるくらい、アナタの脳には質の良い情報がインプットされていますよ。

ライバルがグダグダとネットサーフィンしているうちに、みっちりと良質な情報をインストールして、無差別級の戦いである商売・ビジネスの世界で勝ち上がりましょう!

できるビジネスマンが読んでいるビジネス雑誌ランキング TOP5

基本的にどのビジネス雑誌も定期購読の期間が長くなると、割引率も上がります。また、途中解約もできます。

1位日経ビジネス »

日経ビジネス 最新号

経営者や投資家が読んでいる定期購読専門のビジネス雑誌。書店では買えないので、ライバルとの情報の差別化という意味では一番です。

50名以上の専門記者が年間1500以上の企業を徹底取材し、ネットには出てこない情報を得ることができます。

スマホで読める「日経ビジネスDigital」とのセットなら3ヶ月分のバックナンバーも読む事ができます。

1冊の
通常価格
定期購読した時の価格
価格 1冊当たり 割引率 割引額
650円 1年(50冊):20,700円
3年(150冊):43,650円
414円
291円
36%OFF
55%OFF
11,800円
53,850円

2位週刊ダイヤモンド »

週刊ダイヤモンド 最新号

2013年で創刊100年となる週刊ビジネス雑誌

幅広い業界の最新の動向や成功事例、企業戦略が分かるので、経営者や投資家も読んでいます。

2年購読と3年購読だとスマートフォンで一足先に雑誌が読める「週刊ダイヤモンド デジタルサービス」が無料になるのでオススメです。

1冊の
通常価格
定期購読した時の価格
価格 1冊当たり 割引率 割引額
690円 1年(50冊):25,000円
2年(100冊):43,500円
3年(150冊):57,000円
500円
435円
380円
27%OFF
33%OFF
44%OFF
9,500円
25,500円
46,500円

3位週刊東洋経済 »

週刊東洋経済 最新号

明治28年に創刊された歴史あるビジネス雑誌。

ネットやテレビ、新聞などでは出てこない各業界の深い部分を緻密なデータで分析しています。

社長、投資家だけでなく、最近は勉強熱心な学生も読んでいます。

1冊の
通常価格
定期購読した時の価格
価格 1冊当たり 割引率 割引額
690円 1年(50冊):27,200円
2年(100冊):47,600円
3年(150冊):61,200円
544円
476円
408円
21%OFF
30%OFF
40%OFF
7,300円
21,400円
42,300円

4位ニューズウィーク日本語版 »

ニューズウィーク日本語版 最新号

世界の情報で最新かつ信用度の高い情報ならコレ!世界の中の日本が分かります。

世界がグローバル化し、経済もグローバル化している今だからこそ読んでおきたい雑誌です。

今なら定期購読者限定のオリジナルグッズがもらえますし、話題の映画の試写会に招待されます。

1冊の
通常価格
定期購読した時の価格
価格 1冊当たり 割引率 割引額
450円 半年(25冊):9,800円
1年(50冊):18,000円
2年(100冊):33,750円
3年(150冊):47,250円
392円
360円
338円
315円
12%OFF
20%OFF
24%OFF
30%OFF
1,450円
4,500円
11,250円
20,250円

5位PRESIDENT(プレジデント) »

PRESIDENT(プレジデント) 最新号

「PRESIDENT」という雑誌名の通り、社長に愛読されている月間ビジネス誌。もちろん、社長と意識の高さが変わらないできるビジネスマンにも読まれています。

ビジネスリーダーの指針となる経営戦略や自己啓発、マーケティング情報を知ることができます。

「予約購読の申し込み」ボタンをクリックすると年間購読できます。

1冊の
通常価格
定期購読した時の価格
価格 1冊当たり 割引率 割引額
690円 1年(24冊):10,000円
2年(48冊):19,200円
3年(72冊):26,800円
460円
323円
290円
33%OFF
53%OFF
57%OFF
6,560円
13,920円
22,880円

なぜインプットする情報が重要なのか?

情報というものは未来を読み解く材料になります。

今は現実に存在していなくても、多くの情報を持っている人には、近い将来に必ず起こる現象が見えてきます。少なくとも、情報を持っていない人よりもクリアに見えます。

情報をたくさん持っていれば、アイデアなんてそれこそ山のように思い浮かびます。逆に、何も思い浮かばない人は、手持ちの情報量が少ない証拠です。

材料となる食材が多ければ多いほど、作れる料理のメニューも増えるのと一緒です。

とにかく、これからの情報化社会では時間を効率的に使いながら、質の良い情報をインプットし続けることが重要です。そうすれば、自ずと未来が見えてきます。

誰もがアクセス可能な無料情報ばかりインプットしていたら、他の人と同じ陳腐な未来しか見えません。

そうではなく、お金を出して良質な情報を買うという姿勢が「できるビジネスマン」と「できないビジネスマン」の違いを生み出す違いになります!

良質な情報への投資は若ければ若いほど、早ければ早いほど効果的なので、今すぐにでもできるビジネスマンが読んでいるビジネス雑誌を定期購読して、ライバルと差を付けましょう!

ホリエモンこと堀江貴文さんが定期購読していたビジネス誌

経営者やこれから起業して経営者になりたいと考えている人にオススメなのが日経ビジネスです。

あのライブドア創業者のホリエモンこと堀江貴文さんも愛読していた定期購読専門のビジネス雑誌です。

堀江さんは日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」というコーナーが好きだったそうです。このコーナーは企業の不祥事や経営悪化などで引責辞任した元トップの失敗談を紹介するコーナーです。

堀江さんは次のように語っています。

「失敗から学べ」とよく言うが、自分は失敗をしてはいけない。これまでたくさんの人たちが失敗してきたケースを学ぶべき。

つまり、堀江さんは日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」で他人の失敗したケースを学んで、自分は同じ失敗をしないようにしていたということですね。

こうすれば失敗すると分かっていれば、前もって避けることができますからね。

堀江さんはさらに次のようにも言っています。

もっと勉強しないとずる賢い人に騙されちゃいますよ。

上に行けば行く程、ずる賢い奴らも増えてきますから、ダマさないようにきっちり知識武装しておきたいですね!

できるビジネスマンになって、たくさん稼いで、いい所に住んで、誰もが振り返るようなイイ女を連れて歩けるくらいビッグな男になりましょう!

おすすめサイト